ctu'sブログ初登場、ご無沙汰してましたPMCです!!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2009年05月22日

英軍装備について 小火器編

 S.A.S.症隊のMaximです。今回のネタも、やはり英軍になってしまいました。ご容赦。

 英軍装備を揃えるに当たって、DPM(要するに迷彩服)は何とか入手できるようになってきたのですが、一番困るのはエアーガンだろうと思います。これが容易にはクリアできず、困っている方も多いのでは?
 今回は、英軍装備として現在入手可能な製品について書いてみたいと思います。ハンドガンは除き、ロングのみですが。

L85A1
 「こんな銃が使ってられるか!」という怒りの声が聞こえてきそうな現用の制式銃ですが、手元に置いてみると不思議と愛着が沸いてきます。所詮トイですから、気楽なものです。
 写真は、G&GのコピーでARMY製です。手を入れればなかなか使える銃になるでしょう。弾道がなかなか素直で、バランスも良い銃です。ゲームで使うならば、ブローバック機能は取り外すと良いと思います。なお、ARMYを安く買っても、結局はお金がかかる可能性が高いので、値段にもよりますが、G&Gを買う方が無難かもしれません。
 また、G&Gからは改良型のA2も発売されていますし、StarからもA1,A2の両方が出ています。
 何れも難点はスコープのSUSATです。アイレリーフが短すぎて、レンズに目を近づけないとよく見えません。
 ともかく、いろいろと苦労はありますが、これさえ持っていれば、まさに画竜点睛であり、一番現用の英軍らしく見せてくれる銃であることは言うまでもありません。






L108A1(FN MINIMI)
 写真はTOP製です。「ブラボー・ツー・ゼロ」に参った人には、この初期型がお勧めです。
 アングスのシリンダー・キットへ交換してから戦闘力が上がり、使い倒しています。マルイほどではないですが、世評ほど命中精度が悪いわけではなく、分隊支援火器としては十分でしょう。
 Star製のマガジンは圧力関知スイッチによる自動給弾式で、自分で改良してからは絶好調です。ハイ・サイクルにでもしない限りは十分でしょう。
 難点は、高価だったことですが、刻印や仕上げの雰囲気が良いのでお勧めです。しかし、最近製造中止になってしまいました。なお、A&Kの法外な安さで、TOPにこだわるあらゆる理由付けが一蹴されるかも・・・。



M16A2+M203
 もっともS.A.S.らしい銃でしょう。
 M16A2は、S.A.S.だけでなく海兵隊などでも使われているので、英軍を気取るには一番容易かつ無難に装備できる銃でしょう。
 なお、英軍仕様は3点バーストではなくフルオート付きで、一番の特徴は、リア・サイトがA1タイプということです。現在だけでなく、湾岸戦争の写真を見ても、当時からそのようです。これを再現するために、G&P製のM733のフレームを使います。刻印がコルトの民間用です。実物は最近でこそカナダのDiemaco製になっているものの、初期はアメリカから購入していたようですので、問題ないでしょう。実際には様々な時期に種々の仕様を購入したと思われるので、刻印のことはあまり気にしなくても良いと思います。


L1A1(SLR)
 L85が採用されるまでの制式銃で、FALの英軍仕様で、実銃はインチ規格のためメートル法の国製とは互換性がないという困ったやつでした。7.62ミリのNATO弾を有効に使うため、セミオート仕様になっています。フォークランド紛争ころまでの英軍を気取るならば、これが一番ですね。
 写真のエアーガンは、Star製です。とても良い弾道で、真っ直ぐに遠くまで飛びます。すっかりと気に入ってしまいました。
 メカボックス内の部品は、ほとんどがマルイと互換です。ノズルはAUG用を加工すれば使えます。
 なお、フルオートにするには、セレクターを対応部品に交換すれば良いのですが、部品を削るだけでも可能です。もともとセミオート仕様でこれは反則と思えるでしょうが、S.A.S.ではフルオートが撃てるように改造したものも使ったという記述を見たことがあるので、構わないでしょう。
 ところで、Starは、平行品を購入するときは要注意です。正規輸入品でなければ、全く面倒を見てくれません。






L119A1
 最近、知られ始めたのが、これです。M4の英軍版とでも言えましょうか。カナダのDiemaco製C8SFWの英軍納入版です。中東に派遣のS.A.S.やS.B.S.ら特殊部隊を中心に使われています。
 微妙な長さのバレル(15.8インチ)が格好良くて、とても気に入っています。写真のM4と比べると、違いがお分かりだと思います。
 これは、バレルとフレームのみが売られていました。本当はサイトも独自の形状をしているのですが、まだ取り付けていません。なお、サイトはあっという間に市場から消えてしまいました。また再販されることを期待しましょう。
 組み立てる際にこだわったのは、外部にバッテリーケースを取り付けたくなかったので、ストックパイプに中にバッテリーを納めるということでした。様々に調べて試した結果、放電製の良い特定の単4電池ならば動かせることを知って(逆にいえば、たとえ単4電池でボルト数が合っていたとしても、作動するとは限らない)、7~8本を組み合わせてバッテリーを自作し、実現しました。性能の落ちた電池では冬場はちょっと辛い場合もありますが、十分に実用になります。なお、このようなバッテリーをあるショップが売り出したので、これからは容易に作ることができるでしょう。




 こうしてまとめてみると、今では案外と英軍制式銃のエアーガンを手に入れることができるようになりましたね。東京マルイがL96を発売するするそうですし。また、大陸では電動のステンガンの発売が予定されているそうで、楽しみです。L119Aのバレルも、WA用が出るそうです。


 そういえば、御殿場は明日のキャンプからでしたね。キャンプには残念ながら行けませんが、日曜日のゲームには参加します。
もちろん、私は英軍装備で行きます。これから火器の選択を楽しみつつ悩みます。S.A.S.症隊の仲間も、どんな火力を投入してくるか、楽しみです。

皆さんとお会いできることを楽しみにしております。
  


Posted by masa at 18:18Comments(2)装備品ネタ

2009年05月21日

英軍装備への一歩

 S.A.S.症隊のMaximです。チームに因むネタを、とも考えたのですが、なかなか思い浮かばないので、ブログ執筆を引き受けた特権をいいことに、個人的な趣味つまり英軍装備に関するネタで書いてみます。最近、英軍装備の人が徐々に増えてきて、合同でも英軍ユニットが結成されるまでになったので、こうした話題に振っても許されることでしょう。

 しかし、こんな流れになるなんて、ちょっと前までは想像もつかなかったことです。
 それまでは、英軍装備の人なんて、フィールドではごく希にしか見かけることもなく、ましてやエアガンまで英軍仕様のフル装備なんて、まず居ませんでした。





 そのような状況の下、細々と英軍装備でやってきた訳ですが、元々のきっかけは「ワイルド・ギース」という映画です。
 傭兵ものの代表的な傑作ですが、リンバニ大統領を救出に向かう部隊「ワイルド・ギース」が英軍装備だったのです。
 DPM(英軍の迷彩服のことを指す)とベレー帽にすっかり魅せられました。首に巻いているフェースベールも格好良かった。
 それまでは米軍や旧ドイツ軍の装備しか目にしなかったのですが、DPMはとても違って見えました。
色柄といい、ディティールや全体的な雰囲気と言い、何だか軍服らしからぬカジュアルなテイストがあるんですね。これは第二次大戦の英軍装備についても同様ですが、どこかに野暮ったさを残していて、ダサ格好良さとでもいうものなんでしょうね。




                             (映画のプログラムです。)

 

 こうした影響でDPMが欲しくてたまらなくなったのですが、当時は今と違って入手が大変困難でした。仮に売られていても大変高価でした。しばらくして、有名なサープラスショップに入荷したのは、後になって思えばいかにものレプリカでした。その時は何となく怪しい気がしたものの、本物なんだろうと思うことで自分を半ば騙していました。ところが、しばらくして、85パターンの本物の放出品が並ぶようになったのです。これが実物を買った最初です。流石に中年体型になって着られなくなりましたが、今でも大事に持っています。当時はこうした状況でしたが、最近のように比較的入手しやすくなったことには隔世の感があります。

 なお、これから揃えてみようという方にとっては、英軍の装備は、実際には現用に旧型を組み合わせたりなど結構アバウトに組み合わせていますから、妙に厳密な考証をしなくても良いので、敷居は低いかもしれません。

 あとは、きっかけですね。私のように何らかの映画が原点となる場合が多いのでしょうが、最近ではSASのドラマかな?昨今のニュース等の報道の映像がそれではちょっと悲しい気がします。そんなわけで、英軍が登場する映画についても、後で書いてみたいと思います。



  


Posted by masa at 11:00Comments(2)装備品ネタ

2009年05月09日

は、外れた~

お疲れ様です!本日二回目の投稿です。



ストックパイプ外れました~♪

ドライヤーで温めると取れやすくなるとのご指摘を実践!すんなり外れました。

HID様、ランダム様、アドバイスありがとうございました!!

後はストックかぁ・・・

UBRが欲しいんですけど、まだMAGPULからは出てないし・・・PTSで出るのか?

でもどうせ待つなら、MAGPULのカタログに出てるクレーンとUBR足して2で割ったみたいな、ACSがいいかもと思ってます。

ほんとMAGPULは商売上手。パッケージもかっこいいし。DVDの2はいつ出るのよ!?

そーいえば、せっかくASAPつけたんだから、あのスリング付けたい!

写真のフロントサイトとリアサイトはTM M4PMCについてたやつです。

SPRフロントサイトはフリーフローティングハンドガード用だから変!って突っ込みはナシの方向で・・・

トリガーガードもナイツ(AACドクロちゃん付♪)に!

あー、最近ネットショッピングしすぎ。ホントWAM4は金喰い虫です・・・  


Posted by masa at 20:36Comments(3)装備品ネタ

2009年05月09日

土曜の昼下がり

お疲れ様です!

黄金連休が終わり、待ちに待った荷物が届きました。

いまやM4界隈で大ブレイク中のMAGPUL。

MOEハンドガードとグリップ、そしてASAP。

ハンドガードとグリップはすんなり取り付け完了。

ASAPも楽勝だと思っていたら・・・

ストックパイプが外れねぇ・・・

リングはG&Pのレンチ&ハンマー&シリコンスプレーで回りましたが、パイプそのものが・・・

回す方向間違っているのか?

力任せにやるとフレームがバキッ!っとなりそうで怖いです。

こんなに大変だとは・・・

  


Posted by masa at 12:36Comments(2)装備品ネタ

2008年11月28日

FAL×4...

はじめまして、Team G おまけ隊員のエビ兄ちゃんです。

我が家にはFALが4丁あります。3丁が旧JAC製で1丁がクラシックアーミー製です。

(暗いのはご勘弁ください..)
しかし実際可動するのはCA製のみであとは無可動トイガン?です。(旧JAC製は発射機能はオミットしてあります)
なぜこんなに同じ銃が(それも動かないのが)あるかといいますと、
FALが好き~
なんです!

もともと70~80年代の英軍マニアでして、それに付随してFAL(L1A1)が好きになったのですね。
あの細いスタイルで強力な7.62mm弾を発射する、もうクラクラします...

正直STAR製L1A1も欲しいのですが、いろいろあって所有には至っておりません。
まだまだ書きたい事があるのですが、それはいずれTeam Gブログにて~

  


Posted by masa at 01:00Comments(9)装備品ネタ

2008年08月02日

駄目銃だって!

こんにちは、Maybeのたきです。 
 
一向に体調が良くならず、週末は寝てばかりです・・・。 
 
八月に突入したわけですが、各所で花火大会や地域のお祭りなど催されていますね。
先日、自分もそんなお祭りとやらに行ってまいりました。

近隣地域の中でも割と大き目のお祭りで、場内は朝の山手線状態・・・。
軽くビールを煽りつつ、昔懐かしい出店の食べ物をツマミにしておりました。

定番の金魚すくいや射的も健在で、ついつい射的ではマジな射撃姿勢をとったり・・・。
「オニーサン、そんなんじゃ当たんないよ・・・。」と射的のオヤジさんにつこっまれました。

そんな中、やはり定番でもあるクジに目が移りました。
賞品は一等高額のPS2等、時代よりやや遅れた物がこういった場面でリサイクルされるのでしょう。
中盤の賞品は怪しいエアーガン群と女の子の好きそうなぬいぐるみ等。
早速自分もトライ!クジのナンバーはやや中盤より下の物。うーん雑魚っぽい・・・。
しかし、好き者には好きのナイスなアイテムをゲット!



これでーす。
異臭漂うエアコキガン。クオリティは銀ダマ鉄砲くらい。発射機構はバネのみでしょう・・・。

しかし、これが中々のもので、コッキングをするとスライドは後退したまま。トリガーを引くと弾が発射され、スライドが戻る仕組み。セミブローバック??大昔に似たようなエアーガンがあったような・・・。 
 


大小様々なBB弾。最初はオマケのお菓子かと思いました・・・。



マガジンも離脱するタイプw
一丁前にマガジンリリースボタンまで付いています。

試射してみたところ、極端に右に弾道が曲がります。
・・・って事は、銃を左に寝かせてチョウ・ユンファ撃ちならば・・・。おぉ!ホップがかかったような!ないような・・・。

駄目銃っちゃそうですが、割と楽しめた一品です。
最初は、自決用か?wと思ってましたが、今では、これでHITをとりたくてウズウズしてます。無理そうだけど・・・。  


Posted by masa at 11:59Comments(0)装備品ネタ

2008年07月29日

暑い!!

こんばんわ。Maybeのたき。です。 
 
それにしても暑い!何処へ行っても、何をしても暑い。夏ですね! 
 
皆様は如何お過ごしでしょうか? 
自分はガンガンにかけた部屋のエアコン、週末の暴飲暴食がたたり体調を崩してしまいました・・・。 
自己管理?・・・フッ・・・。 
 
こんな日和でゲームをすると、タマランですよね? 
特にフル装備になった日にゃ死ねます・・・。ホント、軽い脱水症状みたいになっちゃうんですよ。 
で、ゲーム開始間もなく、BDUや装備品を脱ぎ始めて、軽装になります。 
 
格好としては、アンダーTシャツにベストやプレキャリみたいになるのでしょうか? 
 
そこで! 
 


こういったものを・・・。 
前々からですが、スポーツアスリートに向けて開発されたUNDER ARMOUR等のハイテクTシャツ。ミリタリー界でもよく登場しますね。 
写真のジャージ群もハイテクTで、機能は問題なし。少々・・・。いや、だいぶハデではありますが、市街地戦等ではOKでしょう。何が言いたい?かと申しますと、見せパンならず、見せアンダー!!
我ながら、物凄い勢いで間違った方向に進んでいるのがわかります・・・。
 
  
 
これくらいの色味なら、ブッシュでもいけそう。 
 
 
 
軽いシューティングマッチならこれで・・・。
うーむ、ペイントボールみたいだな、コリャ。 
 
ただ、半袖になる以上は、怪我などに十分注意する必要があります。やっぱ、生身に弾喰らうと痛いですもんねぇー。 
 
でも、まぁ、濡れ切った綿などのTシャツで、ゲーム中やゲーム後の身体のコンディションを崩すよりは、アンダーにも多少の気配りが必要かもしれません?うーん・・・。 
 
それでは皆様、サバゲや実生活で風邪など引かぬよう、ご自愛くださいませ。

へっくし!  


Posted by masa at 23:39Comments(1)装備品ネタ