ctu'sブログ初登場、ご無沙汰してましたPMCです!!

2008年09月16日

今晩はT.T.F.マスターです




今晩はTTFマスターです。
21日のミッションに向け皆さんワクワクしていることでしょう。
銃の調子はいかがでしょうか?装備は万全ですか?
対外戦となりますと、ちょっと力も入りますよね。
そして皆さん個人こじんで作戦を考えていらっしゃる方も多いと思います。
そこで今回は21日のミッションに対し、少し硬派な視点から書かせていただきます。
相手はフィールド慣れした定例チームです。油断大敵です。
やるからには、「フィールドに慣れてないからなかなか勝てないなあ。」なんてのは合同には似合わない!

まず、当日、弾速測定などの準備を早く済ませて、許す限りフィールドの観察、分析に時間を使いましょう。
観察及び分析の内容としては、交戦ポイントを把握する、具体的には自陣フラッグからスタートして隠れ場所ハインディングポイント(HP)の位置の把握、とともに敵のHP(EHP)の把握をします。要するに自分がここに隠れたらあそことあそこから銃撃を受けるという風に、交戦ポイント(交戦プレート)を把握します。複数の方向から銃撃を受けた時に、自分が落ちる可能性が増大しまあ。
皆さんご存知のランチェスター法則の確率兵器論です。と、いうことは逆にEHPを落とすには味方のこのHPとあのHPから攻撃すると落としやすくなるということになります。最小単位のまとまりでこの動きをシミュレーションして共有します。
なかなか不慣れなフィールドですと、このシミュレーションが上手くいきませんが、ゲーム数が進むにつれてバッチリ決まってきます。
これが快感!これぞ連携!
合同参加の皆さんがこれを意識することで、いつもと違ったゲーム感が味わえると思います。
老婆心ながら。
それともう一つ。皆さん無線を使われると思いますが、どんな情報が本当に必要かを精査し内容を箇条化して、なるべく少なくして言葉の記号化をすることをお勧めします。同じことを、話す人によって言い方が違うのでは情報が早く正確に伝わりません。
この続きはまた明日。
少しビールも入っています。乱筆乱文、思い込みがありましたら、ごめんなさい。
さらに、合同ブログに侵入してしまいますた。
重ねてごめんなさい。





同じカテゴリー(合同ミッション・対外戦・戦略戦術)の記事画像
今晩はT.T.F.マスターです
今晩はT.T.F.マスターです
同じカテゴリー(合同ミッション・対外戦・戦略戦術)の記事
 今晩はT.T.F.マスターです (2008-09-20 20:33)
 今晩はT.T.F.マスターです (2008-09-17 22:29)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。