ctu'sブログ初登場、ご無沙汰してましたPMCです!!

2008年11月22日

今日はGUNの話

今日は最後の日なのでサバゲ関係の話に戻ろうと思います。

うちのチーム員は皆メカいじりが好きなのですが、
その中でもOさんのメカいじり度はハンパではありません。
(自分は日本一ではないかと思ってます)

その内容を書くとキリがないのですが、すこし書いてみます。

使用している銃はM4なのですが、マルイのパーツが一切使ってありません。
(本当にビス1本も使ってません)

それではGUNの前のほうから

インナーバレルは01バレルをさらにリーマーで内面を精度だしとテーパー微調整
アウターバレルはインナーバレルの外径に合わせてアルミのブランクから内径を削りだして
インナーバレルを入れると完全にインナーとアウターが一体化されれます。
(インナーバレルの振動、共振等がゼロになっていて、剛性も最高です)

チャンバー部はバレルのブレ止めを削りだしてあります。(ふつうは真鍮のリングなどを入れてますが
前側だけではなくバレルの固定クリップのさらに奥まであってチャンバーとバレルのブレはゼロです)

ノズルはBB弾の収まりがいいように、これもアルミの削り出しで少し(2mmくらい)
延長してあってBB弾がパッキンと完璧に収まる位置になっています。
(2mm長くなってしまうと弾が給弾できなくなってしまうのでタペットプレートが2mm多く
ストロークするようにセクターのチップも加工してあります)

肝心のメカボックスですが、ピストンが完璧に一番後ろで止まるようにいろいろと
加工がしてあります。(メカボ本体はアルミ削りだしの物)
まずはピストンが一番後ろにきたところでスイッチがハズれるように
セクターギヤのカムの位置を変更してあります。(ほぼ180度ずらしてあります)

電気的にも毎回確実に同じ所でピストンが止まるように、電磁ブレーキ付きの
リレーをどこからか探してきて使っています。(すごく小さくてただのFETとはまったく違います)

これで毎回ピストンが完璧に一番後ろで止まるようになって、エアブレーキの加工も
してあるので静かで弾速も安定するようになっています。
(ほぼ弾速が一定 コッキングライフル並)

まだまだ精度と剛性を出すための加工はGUNのいたるところにしてあるのですが、
やっぱりきりがないのでこの辺にしておきます。

これらの加工の成果で集弾率が約50mで15cm内におさまってます。(凄過ぎ)
狙われたら逃げられません!

さらに極めつけが装備です。
すべて本物のペック2とエイムポイントとナイトビジョンを付けています。
(総額〇〇〇万円!)

やっぱりこのチームはOさん筆頭にみんな末期癌(GUN)のようです。

1週間へたな書き込みで申しわけありませんでした。

それでは、また次回もよろしくお願いします。














上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。